「ほっ」と。キャンペーン

中島弘貴
by ototogengo
中島弘貴
多様なものごとと関わりながら世界を広げて深める。文筆、音楽、絵、写真をやります。

2011年に解散したバンド“立体”では、うたとギターを担当。空島出版主宰。


【SNS】

twitter

facebook

mixi


【音源試聴】
soundcloud

my space


お仕事のご依頼、メッセージ等はこちらまで ↓
man_polyhedron@hotmail.co.jp
カテゴリ
全体
はなし
空島出版
出演、出展
言葉
言語
日記

写真

手紙
共作
本や音楽などの紹介
気休め
音楽集団“立体”
歌詞
未分類
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧


光の綿毛

 わたしは黄金色をおびた白い光に温かく包まれて、うつら、うっつら、うつら、うっつらと揺れていた。どのくらいの間そうしていたのか分からないが、頭が突然がくっとなって、わたしはぼんやりと目を開いた。座りこんで日向ぼっこをしているうちに眠ってしまったらしい。視界が開けた瞬間、一気に目が覚めた。そこに見える光景があまりにも鮮烈だったからだ。
 先ほど「光景」と言ったとおり、それは光の景色だった。時間が静止に近づいていたせいか、斜め向きに降りそそぐ光が具現化されて目に見えた。それは空中をゆっくりと進む、おびたしい綿毛の形を成していた。それらはゆらゆらしながら直線に近い軌道をとって放射され、金や銀をおびた白色に輝きつつ、時に淡い七色をひらめかせる。しゃぼん玉や貝殻の表面に見られるような、あるいは一定の角度から水晶を見ると現れるような、精妙な七色だ。その光景は美しい音楽のように空間を満たしていた。さざ波をたてながら細かく砕け散る、透きとおった川のせせらぎにも似て、ちらちらと、きらきらと煌めいている。絶え間なく動き続けており、同じ瞬間は決して存在しない。
 それらの光の綿毛は、たんぽぽの綿毛を連想させた。それと同じように、一つ一つが小さな種をぶら下げている。ただし、その種は茶色ではなく、まばゆい白色をしていた。
(この種は何を生みだすんだろう?)
 と、わたしは思った。興味を覚えて、それらの光の綿毛を両手でつかまえようとしたが、手ごたえはなかった。しかし、わたしの手をすり抜けたわけでもなかった。おそらく、この手と一体化したのだ。わたしは手の平を開いた。そして、それを見た。手の平は綿毛の数々を吸いこみながら明るみをおび、その縁(ふち)や指の間にある影が濃くなっていた。その瞬間、先ほどの問いの答えが、稲妻が走るようにして思いうかんだ。
(たぶん、この種はそれが触れる全てのものの像を生みだすんだろう。色を生みだして影を生みだすんだ)
 上を向けて開いたままの手の平の表面に、依然として光の綿毛の群れが吸いこまれている。すると、そこがぽうっと温かくなってきた。
(それに、この種は熱を生みだす。光というものの性質を考えると、時間や命も生みだすのかもしれないな。いや、場合によっては死さえも)
 わたしはそれらの種の源である、太陽の方を見た。燃え尽きそうなほど強烈に輝く綿毛の大群が、さらにまばゆい輝きを放つ太陽をかこむ大きな円を成して存在していた。その円の周辺を、淡い七色にひらめく無数の細い線分が絶え間なく動いている。重なり合いながら模様を成して。それは綿毛の繊維をしめす長短さまざまな線分で、近くにあるものが長く、遠くにあるものが短く見える。すばらしい光景だった。だが、わたしは眩しくて目を閉じずにはいられなかった。しかし、瞼の裏には先ほどまでの光景が焼きついていた。いや、それどころか、その模様が目を閉じる前と途切れなく繋がって動き続けていたのだ。眩しくて、今度は目を開かずにはいられなかった。つまり、目を開いていても眩しくてたまらないし、目を閉じていても同じなのだ。だから、わたしは太陽の方向から顔を逸らしたうえで目を開けた。すると、先ほどまでの光景は消え失せ、二度と戻ってこなかった。
 月日が経った今となっては、心のなかにそのときの光景の印象がおぼろげに残っているにすぎない。だが、光のさすところを見つめているときだけは、そこに無数の光の綿毛が見えるような気がする。小さな種をぶらさげた綿毛の数々がうっすらと透きとおって。
[PR]
# by ototogengo | 2016-11-07 20:29 | はなし | Comments(0)

稲妻と地面のひび

青年「ここの土は乾いてるね」
少年「うん。乾いてひびが入ってる」
青年「このひびは何の形に見える?」
少年「稲妻みたいだ」
青年「これが本当の稲妻だとしたら、どう思う?」
少年「そんなわけないよ」
青年「どうして?」
少年「だって、稲妻だったら大きな音をたてるし、もっと速く動くはずだもん。それに、たくさんのものを壊すはずだよ」
青年「そうだね。だけど、おとなしい稲妻だってあるかもしれないよ。空のなかを一瞬で走る稲妻の数億分の一の速さで地面を走る稲妻がね」
少年「でも、やっぱり稲妻じゃないよ。稲妻ならまぶしいはずだけど、このひびは黒いもん」
青年「地面にあって、おとなしくて遅くて黒い。空の稲妻とは全然違う、そんな稲妻があってもいいと思うけどな」
少年「だけど、やっぱり地面のひびは地面のひびだよ。稲妻が稲妻なのと同じで」
[PR]
# by ototogengo | 2016-08-16 02:02 | はなし | Comments(0)

webマガジン「アパートメント(元・いとでんわ)」参加記事

2011年10~11月
創作、散策、植物、永遠…さまざまな題材を扱ったエッセイ連作

2013年4~5月
絵/矢野ミチルさん⇔話/中島弘貴による共同連作

http://apartment-home.net/author/hiroki/
[PR]
# by ototogengo | 2015-12-31 23:59 | Comments(0)

野生の思考×知性の思考

12/20(日)「野生の思考×知性の思考」
会場:カフェぽれやぁれ (高円寺)
時間:17時半オープン/18時スタート
料金:1000円+1オーダー
出演:中島弘貴、村上大樹(from因島)

※水色の字をクリックすると、お店のホームページに飛べます

広島県の因島から、村上大樹さんを招きます。多様な活動をする村上さんはユーモアと真摯さを作品にこめる、ユニークかつ真っ当な芸術家です。すばらしい感覚や思考や行動に誘う、村上さんの最新作であるweb絵本はこちら→原子の言葉

第一部は、二人の作家がお互いにインタヴューをし合い、話を広げます。二人とも、自分たちだけでなく会場のみなさんに問題を投げかけるような質疑応答をするつもりです。お客さんからの質問や意見も大歓迎です。
第二部は、音楽と身体表現による即興パフォーマンス。演者さえも、何が起こるのかわかりません。しかし、根源的・原始的なものになる予感があります。(※パフォーマンスについて追記。即興による共演の他に、自分の楽曲を二人で演奏することも決定しました)
以上の二部を通じて、イベント名の意味がめくるめく変化をしながら立ちあがるでしょう。

ちなみに、会場は美味しい飲みものとご飯のある温かい雰囲気のお店です。

c0129064_10484035.jpg

[PR]
# by ototogengo | 2015-12-20 23:59 | 出演、出展 | Comments(0)

てんとせん2

2015年の11/7(土)18時~東京都高円寺のカフェ「ぽれやぁれ 」で<てんとせん>というイベントの二回目を開催します。
主催は画家のサマ さんと自分の二人。今回の内容はトークとライブペイント。トークのテーマは《神話》。時間と空間を超え、どんな「点と線」が結ばれるでしょうか。参加する皆さんのご発言も歓迎します。ライブペイントでは、幽玄な作風をもつ画家の 柴田高志さんをゲストに迎えます。中島弘貴(ギター、声)の音楽演奏と共にサマさん、柴田高志さんの二人が同時に別の作品を描きます。そちらに関しても、おたのしみに。

ちなみに、会場は美味しい飲みものとご飯のある温かい雰囲気のお店です。

※水色の字をクリックすると、それぞれのホームページに飛べます。また、フライヤーの画像をクリックすると拡大されます。
c0129064_23415944.jpg

[PR]
# by ototogengo | 2015-10-01 01:20 | 出演、出展 | Comments(2)

『魔王と呼ばれた者の手記』

私は人間から「魔王」などと呼ばれている。魔物と呼ばれる怪物たちを率いて、人間を大量に殺したからだという。しかし、人間の方だって、たくさんの生き物を殺しているではないか。食うために、着るために、暮らすために。それどころか、戯れのために殺すことだってあるし、文化や文明というものために、半ば無意識に無数の生き物を殺し続けているではないか。それどころか、金や土地や宗教のために戦争をし、人間同士で殺し合うことさえ日常茶飯事だ。私の仲間のほとんどは、確かに野蛮だ。礼儀作法など心得ず、服を着ずに丸裸でおり、家を持たずに野宿している。読み書きをできないどころか、ろくに話せない者も多い。しかし、我々はただ命を繋ぐために殺し、食べる。共食いすることもあるが、それもまた命を繋ぐため。だから、贔屓(ひいき)目など全くなしに、質においても量においても、人間の方がずっとむごい殺しをしている、と言えるだろう。もしも、動植物が言葉を話せたら、「人間こそが魔物だ」と言うのではないだろうか。
確かに、人間の見かけは美しい。個人差こそあるが、子供や若者の肌はなめらかだし、角や牙や棘のような鋭い部分が表面にないので、顔も体も優しげに見える。私は、特に人間の眼を美しいと思う。静かな水面のように周りの様子を映し出す半透明の瞳は黒、茶、青、緑、灰と、人によって様々な色を含み、その色合いはニュアンスに富んだ美しい鉱石のようだ。死体からくり抜いた冷たい目玉を、指の間で弄(もてあそ)びながら眺めていると、一向に飽きない。その後で食べるのが躊躇(ためら)われるほどだ。一方で、我々の外見は、人間からすれば醜いと言えるかも知れない。しかし、例えば、ぬめぬめした鱗(うろこ)にびっしりと覆われた私の仲間の体をよく見て欲しい。光の当たる角度によって、油分を含んだその皮膚は淡い虹色を帯びて煌(きら)めく。枝分れした棘のような硬い毛が頭や背中や腕や脚に生えた、他の仲間はどうか。注意すると、その毛の一本一本は、ある種の繊細な珊瑚(さんご)を連想させるだろう。他の仲間に、鰐(わに)に似た巨大な顎(あご)が腹の真ん中から突き出た者もいる。その恐ろしげな口からは酷い悪臭がするが、切れ味のいい刃物のような牙や、その奥にある消化器官の優れた機能性は感嘆するべきものだ。このように、私の仲間の多くは、全身を見れば、不格好だと言えなくもない。しかし、よく観察すれば、よく考えれば、何かしらの美点を見出せるに違いない。
 先ほどは、我々に対する不当な扱いを訴えるために人間のことを批判したが、彼らにも倣(なら)うべきところがあり、優れた者が多くいることも私は認めている。繰り返すようだが、我々は、何も憎いから彼らを食べるわけではない。ただ食べたくなるから食べるだけだ。人間が牛や豚や鳥や羊を食べるように。実を言うと、私は人間と心ゆくまで話をしたいとさえ思っている。ここ十数年、彼らの記した本を何千冊か読み、なみなみならぬ感銘と影響を受けてきたからだ。古代から現代まで、注目に値する思想を育(はぐく)み、敬うべき態度をもって生きた人間は少なくないらしい。これまでの読書経験から察するに、国や人種や職業を問わず、そうなのだ。それに、彼らが言い伝えたり書き残したりした物語にも、興味深いものが多々ある。しかし、どうすれば様々な人間と対話したいという願いを叶えられるだろう?彼らは私の前に立つと震えあがるか、敵意を抱くかする。お互いに欲望や感情を抑え、冷静に話し合う…それだけでいいのに。英知の前では、誰もが平等なはずではないか?敵か味方かはもちろん、どんな生物の部類に属しているかさえも関係がないはずではないか?
[PR]
# by ototogengo | 2015-02-03 03:47 | はなし | Comments(0)

『魂の一粒』

A「この作品は宇宙を描いたものですか?」
B「いいえ、魂の一粒を画面いっぱいに表したものです」
A「本当ですか!?恒星や彗星や星雲のようなものがたくさんあるのに…。それはどのくらい大きいんですか?」
B「それが、電子顕微鏡でも視えないほど小さいんです」
A「信じられない…。それはどこにあるんですか?」
B「ありとあらゆるところにあります」
A「あなたにも私にもあるわけですね」
B「ええ。それどころか、動物も植物も菌類も、この壁やあの埃(ほこり)だって、魂の粒で満ち満ちているんです」
A「じゃあ、全てのものに、この宇宙のようなものがいっぱいつまっているわけですね…」
B「ええ。何もないように思えるところでさえ、そうでしょう。しかも、その一粒一粒はこれよりもずっと緻密で、ずっと様々な色や形をふくんでいるのかも知れないんです」
[PR]
# by ototogengo | 2014-09-04 19:52 | はなし | Comments(0)

『母から聞いた心のはなし』

子供のころ、母がわたしにこう言った。
「強い風に吹かれているときは、心をしっかりとつかまえておきなさいね。そうしないと、心が飛んでいってしまうのよ。あとで心を取り戻せる場合もあるけど、それは簡単なことじゃないからね」
「無防備な心は透明な布きれのようなもので、そんなにしっかりとしたものじゃないのよ。飛ばされてしまった心は別の生きものになるの。そうね、まるで水母(くらげ)のようになって、風に乗ってひらひらしながら、ぐんぐん離れていくの」
「すると、心を失った人は寒くて寒くてたまらなくなる。別のものを自分のなかに入れてまぎらわそうとしても、全然だめか、少しの間あったまったあとで余計に寒くなるの。結局、ぴったりと合うのは心だけなのよね。そうやって、近くにあるものや目立つものを取っかえ引っかえしながら入れたり出したりしているうちに、心はますます離れていく。そうやって、心を一生取り戻せなくなる人も珍しくないらしいわ。だから、強い風に吹かれているときは、心をしっかりとつかまえておきなさいね。それでも、心が飛ばされてしまうようなことがあれば、例え大変でも、がんばって心を探すのよ」
[PR]
# by ototogengo | 2014-07-15 23:47 | はなし | Comments(0)

『光の雫、水の雫』

雲の切れ間から太陽が顔を出し、すぐにまた隠れる。すると、木々の葉っぱや草花に、真珠のような乳白色の、儚い虹色のこもった光の雫が、玉をなして乗ったり、ぶら下がったりする。その一粒一粒の深みある趣、雫の群れを遠目から眺めるときのやさしげな煌めきは、何とも美しいものだ。
にわかに灰色の雲が厚くなり、大粒の雨がぱらぱら、ばらばらと降りだす。すると、光の雫がついた植物たちに、透明な水の雫が加わる。二種類の雫はお互いに反射し合ったり映し合ったり、くっついたり混じり合ったりする。その精妙な共演は、見る者を夢中にして飽かせることがない。
しかし、降りしきる雨は光の雫を覆い尽くし、洗い流してしまう。雨がやんで晴れ間が差す頃になると、光の雫は一滴たりとも残っていない。陽光を受け、水の雫が煌めいている。そのなかに、光の雫にあった儚い虹色が幽かに含まれるように見えるのは錯覚ではないだろう。陽の光に照らされていると、水の雫もじきに消えてなくなってしまうだろう。
[PR]
# by ototogengo | 2014-07-04 15:41 | はなし | Comments(0)