中島弘貴
by ototogengo
中島弘貴
多様なものごとと関わりながら世界を広げて深める。文筆、音楽、絵、写真をやります。

2011年に解散したバンド“立体”では、うたとギターを担当。空島出版主宰。


【SNS】

twitter

facebook

mixi


【音源試聴】
soundcloud

my space


お仕事のご依頼、メッセージ等はこちらまで ↓
man_polyhedron@hotmail.co.jp
カテゴリ
全体
はなし
空島出版
出演、出展
言葉
言語
日記

写真

手紙
共作
本や音楽などの紹介
気休め
音楽集団“立体”
歌詞
未分類
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧


石榴の少年

ようやくその石榴は割れたが、小さな果肉がたった六粒入っているのみだった

恥ずかしくて仕方なかったのか、割れ目がみるみるうちに塞がり、彼は頑なに皮を閉ざしてしまった

やがて、仲間たちは次から次へと落下していき、ついに彼の順番がやって来た

そうして地面に叩きつけられても、外皮が再び開かれることは決してなかった
[PR]
by ototogengo | 2010-02-02 00:03 | はなし
<< 「モルモルについて」 果実の心臓 >>