中島弘貴
by ototogengo
中島弘貴
多様なものごとと関わりながら世界を広げて深める。文筆、音楽、絵、写真をやります。

2011年に解散したバンド“立体”では、うたとギターを担当。空島出版主宰。


【SNS】

twitter

facebook

mixi


【音源試聴】
soundcloud

my space


お仕事のご依頼、メッセージ等はこちらまで ↓
man_polyhedron@hotmail.co.jp
カテゴリ
全体
はなし
空島出版
出演、出展
言葉
言語
日記

写真

手紙
共作
本や音楽などの紹介
気休め
音楽集団“立体”
歌詞
未分類
記事ランキング
画像一覧


『受粉者の独白』

花粉を浴び過ぎたせいか、五日ほど前から皮膚の一部が粟立ち始めた。何てことはないだろうと放置していると、その小さな一粒一粒が徐々に膨らんで果実になった。観察すると、主におでこの髪がかからない部分、頬と顎、首の周囲、手の甲のあたりに結実している。要するに、外出時に肌が露出していたところに集中して実っているらしい。受粉したということだろうか。

おかげで、私はさまざまな場面で随分と苦労している。職場では、長らく関係を結んできた得意先と交渉する任を解かれ、ひたすら事務に当たらされている。家庭では、感染を恐れる妻と子供から隔離されて過ごしているから、食事の時も就寝時も孤独だ。風呂場では湯船に浸かることが許されずにいるし、洗濯物は他の家族のものと決して一緒にしてはならず、自分で洗って干さねばならないという始末。街中に出ると、好奇や嫌悪の眼差しでじろじろと見られるし、人混みにおいても電車内においても私の周りには誰一人として近寄らない。
自分自身としても気味が悪いので、何度も果実を引っ張って取ろうとしたが、予想以上にしっかりとくっ付いている。さらに力を入れると強烈な痛みが走るので、無理をして引きちぎるなんてとてもできない。 どうやら、皮膚と一体になっているらしい。

仕方がないので、熟してからもいでみようと思う。流石に、その頃になれば簡単に取れるだろう。いや、取れて欲しい。
…それにしても、そうして収穫した実は果たして美味しいんだろうか。仮に美味しかったとしても、自分の体から成った実を食べると考えれば、複雑な心境にならざるを得ない。それは1クッションを置いた、ゆるやかなカニバリズムということになるんじゃないか。その果汁は血のように紅いか、膿のような白か黄色をしている…そんな想像をすると、ますます気持ちが悪くなった。
もしかすると、私が収穫する前に鳥たちがついばみにやって来るかもしれないし、虫たちが群がるかも知れない。そのときは、どのように対処すればいいんだろう。彼らの食事の邪魔はしたくないが、あまりにも痛かったりくすぐったかったりすると大変だ。可愛い小鳥や穏やかな蝶や甲虫ばかりではなく、凶暴なやつや生理的に受けつけないやつも来るだろうし。

ちなみに、私は重度の花粉症である。目の痒みや鼻詰まり、くしゃみといった基本的な症状はもちろん、体のだるさや発熱にも毎年悩まされている。その上、こんな面倒な事態になるなんて、花粉とはとことん相性が悪いらしい。しかし、不満を言っても仕様がない。だって、花粉の散布は植物の営みの大切な一環に違いないんだから。要するに、どうにか折り合いをつけてやっていくしかないんだろう。

…いや、待てよ。その実がどんなものになるかはともかくとしても、その種がどのように育つのかが気になる。草になるんだろうか、それとも樹になるんだろうか。どんな葉っぱや花を付けて、どのくらいの大きさまで育つんだろう。せっかくだから、愛らしい草か立派な樹にでも育って欲しいものだ。
そうやって考えるうちに、それが植物と私との合いの子に当たるのではないかという推測に辿り着く。うーん、ますます複雑な心境になってきた。とすれば、やがて生まれるのは植物と人間の合わさった生命体になる可能性が高いと考えられる。果たして、それはどんな(以下、略)
[PR]
by ototogengo | 2013-03-30 21:42 | はなし | Comments(0)
<< 『越境をする』 「海の上の森」 >>