中島弘貴
by ototogengo
中島弘貴
多様なものごとと関わりながら世界を広げて深める。文筆、音楽、絵、写真をやります。

2011年に解散したバンド“立体”では、うたとギターを担当。空島出版主宰。


【SNS】

twitter

facebook

mixi


【音源試聴】
soundcloud

my space


お仕事のご依頼、メッセージ等はこちらまで ↓
man_polyhedron@hotmail.co.jp
カテゴリ
全体
はなし
空島出版
出演、出展
言葉
言語
日記

写真

手紙
共作
本や音楽などの紹介
気休め
音楽集団“立体”
歌詞
未分類
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧


Brigitte Fontaine et Areski 「Le bonheur」和訳

※以下、小池はるひさんの対訳によるもの。原文か訳のために意味の取りにくいところがありますが、75年作のアルバム『Le bonheur』の日本盤に付けられた和訳を忠実に転載しました(適宜、改行だけは加えています)。


ブリジット・フォンテーヌとアレスキ「幸福」

森の中や、海の上にある炎の赤い町の中に、
そして香りのいい丘の上に、熱く、鹿毛色の美しい獣が住んでいた
ひとは皆、その獣を幸福と呼んだ
獣はどこででも、飛び跳ねて、一晩中笑い、火と踊り、狼と歌った
この物語が起こったのは、どの時代でもない、なぜなら時間なんて、
おわかりでしょう、とても神秘的なものだから

この獣はひとがくれるものを何でも食べ、乳をしぼらせ、
彼らが望めば、金の枝で彼らの中に忍び込み、そして血管と髪の毛で音楽をかなでた
ところが人々の中には、獣を嫌う人もいた それは支配の邪魔になるから
それに獣は自由で無報酬なので、市場を目茶苦茶にしたからだ
そこである日、人々は武器を持ってやってきて、獣を捕らえ檻に入れ遠くに連れていった
この物語が起こったのはどの国でもない、なぜなら国なんて、
おわかりでしょう、とても神秘的なものだから

人々が抵抗しないように、獣のコピーをたくさん作った
うんざりするぐらい、もう何だか分からなくなって、忘れ去ってしまうように
すごく悪い獣を作った にせものの獣はくうくう鳴いて、ブリッジで遊び、
夜には街角で、悲しい色気を売って、悲しいオペレットを歌い、
小さい女の子が本当の自分でなくなるようにつけられているのと同じ、ピンクのリボンをつけていた

人々は意地悪く、寂しくなり、冷たい笑いをして、お菓子を詰め込み、
怒りに満ちた素振りで人を殴り、幸福という名のプードルを、インコを軽蔑した
そしてかれらは企み通り、幸福という名の獣のことを忘れ、忘れられない人たちは、病院に入れられてしまった
ところが生まれてくるすべての赤ん坊の目の中に、あの恐ろしい獣の面影が見え、
真実の彼があまりにも熱いので、兵士が遠くに置いてきた檻の格子が溶け出しているかのようだった

私の出会ったおばあさんは、こう言った もう生きた姿を見たくないけど
“でも、獣は生きているのよ、結局はそれが、一番大事なこと”
そのおばあさんはもう死にかけている人だったから、嘘ではないと思う
[PR]
by ototogengo | 2014-02-22 23:18 | 本や音楽などの紹介
<< 『空気の精のくしゃみ』 『幽霊と地球外生命体と』 >>