中島弘貴
by ototogengo
中島弘貴
多様なものごとと関わりながら世界を広げて深める。文筆、音楽、絵、写真をやります。

2011年に解散したバンド“立体”では、うたとギターを担当。空島出版主宰。


【SNS】

twitter

facebook

mixi


【音源試聴】
soundcloud

my space


お仕事のご依頼、メッセージ等はこちらまで ↓
man_polyhedron@hotmail.co.jp
カテゴリ
全体
はなし
空島出版
出演、出展
言葉
言語
日記

写真

手紙
共作
本や音楽などの紹介
気休め
音楽集団“立体”
歌詞
未分類
記事ランキング
画像一覧


カテゴリ:はなし( 78 )

『霧の扉を抜けて』

彼女は向こうがわからの光が淡く七色に遊んでこちらに注ぎこむ、白く濃い霧の大きな扉を一つ、また一つと開閉しては進んでいく。一日か二日ごとに扉を一つ通るといったペースだ。それをすりぬける光は通り過ぎた扉の数にしたがって強くなるが、これまでのところ、その光源が姿を現したことは一度たりともない。

今、また一つの扉を彼女が開けると、全てのものの半ばほどが光に覆われている。もう一度これまでと同じくらい進んだなら、輝きがあまりにも強すぎて体も心も真っ白に浸される、そんな場所に行き着くかも知れない。
さて、今回の空間では様々な色や形の花がすでに咲いているが、より多くの植物に見られる、瑞々しく照り映える生まれたばかりの葉、割れ目のできた硬い殻ややわらかな毛で覆われた若芽が新しい季節の息づきをますます鮮やかに感じさせる。近く、遠く、鳥たちのさえずる声が聴こえる。短く、時に長く、感嘆のように、うたうように、あるいはおしゃべりのように。その姿が見えることもある。ほら、尾の少し長い翠色の小鳥がそこの枝から枝へ、ちょんと跳び移る様子が今も見えた。ここはあまりにも心地がいいので、彼女は力のみなぎる肢体を大きく伸ばして空気を胸いっぱいに吸いこんだ。
ゆっくりと歩きながら、時に湧きあがるよろこびを抑えきれずに駆け出しながら、彼女は長い朝と昼を満喫しながら進む。ついに体が少し重くなってきたので、鬱蒼たる森のなかの広場にある、地面から生えて三又に枝分かれした椅子の一つを選んで座り、一休みする。そうしながら、彼女は中空の一点をじっくりと眺めておだやかな微笑みを浮かべているのだった。その翅(はね)の色である橙色の帯を描きながら飛んできた天道虫が、彼女の右肩に止まってもぞもぞと動いていた。

しばらくすると、一人の男性が繁みを掻き分けてやって来た。息を切らし、顔に玉の汗を浮かべた彼はこちらに近づくと、
「こんにちは」
と些か堅苦しい調子で言うので、彼女も
「こんにちは」
と返す。
「こちら、よろしいですか?」
彼が右手の平で別の枝に生えた椅子をさした。
「ええ、あいているのでどうぞ」
彼はせわしなく辺りを見回してから、
「いやあ、随分と歩き続けてきました。それにしても、景色が大分変わってきましたね。最近は見違えるように明るくなった」
と切り出した。
「ええ、扉を開ける度に様子が違っていてたのしいですよね」
「いやあ、お恥ずかしいことに、辺りを眺める余裕があまりないので、それぞれにどんな違いがあったのかは覚えていないんです」
「どの場所もすてきでしたよ。それぞれに違う植物が花を咲かせ、葉を繁らせ、実を付けて。活動する虫や動物たちも場所によって違うみたいです。それに苔やきのこたちも」
「へえ、そんなにも違うものなんですね」
「ええ、光の加減はもちろんですし、空気や風の肌合いやかおり、味までも違いますね。それに空の色や高さ、雲の広がりも違う」
「それは惜しいことをしました。今となっては、それを確認するために引き返したくても引き返せませんね。残念です」
「どうして余裕がなかったんですか?」
「辺りを眺める余裕がですか?」
「ええ」
「早く終わりに辿り着きたかったんです。いや、今でもそう思っているんですよ」
「それはどうしてですか?」
「どうしてって、そこに辿り着くことこそが、こうしてここにいる唯一の目的に思えるからです。違いますか?」
「わたしに違うかどうかは分かりません。ただ、早く終わりが来ればいいと思ったことはないなあ」
「どうしてですか?」
「それは、こうして一つ一つ扉を開けてゆっくりと進んでいることがとてもたのしいからですね」
「じゃあ、あなたは終わりが来なければいいと思っているんですか?」
「いいえ、終わりが来ようが来るまいが、わたしにはどちらでもいいと思えるんです」
「不思議なことをおっしゃいますね。もしも次の扉を開けた瞬間に終わりがそこにあったとしたら、あなたはそれからどうなさるんですか?」
「うーん、何もしないでしょうね。その終わりがどんなものかも分かりませんが、それによってこの世界が無くなるか、わたし自身が無くなりでもしない限り、これまでどおり今ここにいることを存分に体験しながらゆっくりと進んでいくつもりです」
「はあ、そんな生き方もあるんですね」
「ええ。わたしにはこうするのが一番しっくりくるんです」
「とてもすてきですね。…あ、よく見ると、あんなところに果物が」
水がこぶし大の玉を成したような、うっすらと青くて透明な林檎が、二人のほぼ中間点に位置する椅子の樹の枝先からたった一つだけ生っているのだった。そして、その果実の東半球の表面は光をうけて白金(しろがね)に輝いていた。
「実は、わたしも体を休めながらあれをじっくり眺めていたくて、この椅子を選んだんです」
「へえ、そうだったんですね。ああ、それにしてもきれいな実ですね」
その実には風にそよぐ葉群れがやわらかな影を落とすことがあり、その影が離れるたびに透明な果肉はうっとりするように細やかな光の縞々(しましま)を周りになげかけるのだった。また、あるかなしかに波うつその表層を通して真ん中にある小さな種子の集まりが見えた。
「はい、こんな林檎は初めて見ました。深い夕焼けのように紅いものなら何度も目にしたんですが」
「へえ、それもまたうつくしそうだ。僕はそのことすらも知らなかったです」
「ええ、とっても可愛いですよ。…さて、わたしはそろそろ先へ行こうかと思います」
そう言って、彼女は立ちあがった。
「はい。僕はもう少しゆっくりしてからいこうかと思います。」
「では、ごきげんよう」
「あ、少しだけ待って下さい」
「どうかされましたか」
「いえ、ただお礼をお伝えしたかったんです。貴重なお話をどうもありがとうございました」
「いえいえ、こちらこそどうもありがとうございました」
「僕もこれからは辺りを観察する余裕を持って進んでみます。それでも、いつか終わりに辿り着きたいのはこれまでと変わりませんが」
そう言って、彼はにっこりと笑った。
「はい。それでは、お互いにいい旅をしましょう。そして、どこかでまたお会いしましょう」
「ええ、良い旅を。僕もあなたにまた会いたいし、どこかでまたお会いできる気がしています」
[PR]
by ototogengo | 2012-04-16 21:44 | はなし | Comments(0)

『胸のうちの結晶』

「あきらくん」
太陽の光の映える教室で先生はあきらに、春の空気のようにやわらかく語りかけた。
「はい、先生」
椅子に座り、鉛筆を持って教科書とノートを広げた机に一人きりで向かうあきらが顔を上げてはっきりと返事をした。
「どうして君はそんなに勉強ばかりしているの?」
「はい。ぼくはぼくの結晶を磨いて立派な人になりたいんです」
「勉強はたのしい?」
「いえ、あまり楽しくはないです。ただ、授業で正解をもらえたりテストで良い点数をとったりすると褒められるので、それをするのが正しいんじゃないかと思えるんです」
視線を落としてあきらが答えた。
「そうか…。それにしても、きみの結晶はきれいだね」
先生はあきらの胸のうちでてらみら光る、灰がかった煙水晶を見て言った。それは角ばった球形をして小さかった。
「ありがとうございます。自分では何も見えないんですが、そう言って頂けるとうれしいです」
「この学校のなかで誰よりもよく整ってるよ」
「そうでしょうか」
あきらは顔がほころぶのを隠しきれずに言った。その声も少し弾んだ。
「でもね、それは小さくまとまり過ぎているんじゃないかと思うんだ」
「どういうことでしょうか?」
あきらの顔にさっと陰が差した。そのとき、彼の煙水晶の輝きもまた鈍った。
「ぼくはあきらくんに、たのしくないことを一生懸命にするんじゃなくて、たのしいことを一生懸命にして欲しいと思うんだ。きみの結晶は磨き続けるあまりに成長が抑えつけられてるんじゃないかな。それに、外側は磨きあげられてぴかぴかしてるけど、内側からの輝きが少ないように見えるんだよ」
と言うと、先生の胸のうちにある透明で大きな、形の異なる氷山が上下にくっついたような深く青いサファイアの輝きがくもった。
「そうしたら、ぼくも先生のような結晶を育てることができるでしょうか?」
「ぼくの?どこがそんなに良いのか、自分ではよく分からないけどなあ」
「先生の結晶は今までに見た他の誰よりも美しいです。実は、ぼくが勉強ばかりするのは、そうすれば先生のようになれるんじゃないかと思ったからでもあるんです」
言いながらあきらの瞳はきらきらして、彼の結晶は色のない透明にさあっと変わり、輝きが強くなった。そして、四方八方から滴る六、七粒の光の雫がそれをうつのだった。
「そうかなあ。ぼくはそんなに大したもんじゃないよ」
「いいえ。今日だって先生はぼくの結晶をしっかりと見て下さいました。他の多くの大人たちは、結晶の表面がなめらかなことやきれいに磨かれていることだけを見て良しとします。そうやって褒められてうれしいこともあるけれど、寂しく思えることも時々あります」
「うん、確かにきみたち一人一人をよく見たいとは思ってるよ」
「はい、ぼくにはそんな先生が憧れなんです」
言いながら、あきらの結晶はさっきの雫を受けて少しだけ大きくなっているのだった。さらに、色とりどりの雫が結晶に滴り続けていた。
「あきらくん、どうもありがとう。先生も先生の結晶を大切にしていくから、きみも一緒にそうしていこうね」
「はい」
はっきりと返事をしながら、あきらはやわらかく笑うのだった。
「きみはすごいね。この短い時間のうちに、顔の表情も結晶もすごく良くなったよ」
「そうでしょうか。とてもうれしいです」
「うん。そのまま素直で居続けたならずっとずっと大きくなって、もっとうつくしく輝けるよ」
「はい。先生、ぼくはこれでいいんですね」
「うん、これからきみは両親や友達と同じように自分のことも大切にするといいよ」
「はい、そうします。先生、ぼくは自分で考えて自分で行動してもいいんですね」
「そうだよ。時に苦しく、難しいかも知れないけど、それはきっとすばらしいことなんだよ」
「はい。そうして自分の力で生きられたら、きっと晴れ晴れとした心でいられるだろうな。先生、人生は希望で満ち溢れていますね」
「うん、人生はすばらしいものだよ」
そう言うと、透みきった海のように、たくさんの光の縞や塊が先生の結晶から放たれるのだった。一方、虹の元素のように彩り豊かな光の雫が夥しい群れとなってあきらの小さな結晶の表面すれすれを何度も何度もゆっくりと公転し、その過程でそれらが幾つも付着して、彼の結晶は少しずつ成長をはじめていた。
「わあ。先生の結晶は本当にうつくしいですね」
「ふふ。多分あきらくんの結晶はもっとうつくしいよ。惚れ惚れするなあ。きみやみんなの表情と結晶がそうやって内側からも外側からも輝いている様子を見られるのが、ぼくには何よりもうれしいんだ」
[PR]
by ototogengo | 2012-03-27 17:52 | はなし | Comments(2)

『シダを育てる恋人たち』

彼女は体のなかの洞穴に黄緑や深緑のシダ植物たちを育てている。すくすくと、さわさわと伸び広がって埋め尽くす。そのために、彼女の姿からは穏やかでやさしい風情がしみだしている。

彼は心のなかの洞穴に紅や臙脂色のシダ植物たちを育てている。にょきにょきと、わさわさと伸び広がって埋め尽くす。それは彼の気持ちを静けさと奥深さで満たしている。

そんな二人は当然のごとく出会い、当然のごとく意気投合した。
そしてゆっくりと、しかし確実に親密になり、信頼を深めあうのだった。
ある日、ついに彼は彼女に告白をした。
「実はぼく、心のなかでシダを育ててるんだ」
すると間髪いれず、彼女は驚愕しながらも安心して言う。
「そうなの!?わたしは体のなかでシダを育てているのよ」
道理で気が合うわけだ、と二人は納得し、その絆が断たれることはさらになくなった。

やがて、彼らのシダはぼうぼうと、ぐんぐんと成長してさまざまな緑と赤の混じり合う太古の森を生んだ。大樹になったシダ植物の数々、巨大な爬虫類や虫の類、湖にはやはり大きな魚たちや無脊椎動物群の姿が見える。そうして彼と彼女は森を育み、また森に育まれていつまでもいつまでも暮らすのだった。
[PR]
by ototogengo | 2012-03-08 20:05 | はなし | Comments(0)

『灯りから生まれた踊り子』

仄暗い部屋のなかで琥珀色の間接照明を見つめていた。一度瞬きをすると、光がまっすぐ四方に放射された。二度瞬きをすると、一度目の光が消えないままで、それが二倍の八方に広がる。面白くて何度も何度も連続して瞬きをしていくうちにその軸が瞬きの回数にしたがって増えてやがて立体的になり、最後には一人の光の踊り子が現れて動きはじめた。
その姿を目で追いながら瞬きを続けると、彼女は決して広くはない部屋中を、跳躍を交えながら縦横無尽に踊り回るのだった。波にたゆたう優雅な海藻のように両腕と両手、そして指をなめらかに泳がせながら。加えて、踊る彼女の澄みきった瞳、そして微笑みをたたえた光り輝く表情もまた美しかった。
思わず見惚れ、瞬きするのを忘れて目を開いていると、彼女は少しずつ薄まっていった。気が付いた時にはもう遅かった。次の瞬間、彼女は跳びあがりながら脚を前後に大きく開いて仄かな暗闇のなかへ消え失せたのだった。
[PR]
by ototogengo | 2012-03-06 13:08 | はなし | Comments(0)

『宇宙の遊牧民』

宇宙の遊牧民たちは宙に放して一緒に暮らしている魚たちを連れて透きとおった黒い空間を渡っていた。時々、彼や彼女たちは歩きながらぴかぴかと角ばってくっつきあう黄鉄鉱の一欠けらを小さな布袋から取り出して食べる。それはすべすべと手触りがよく、ほんのり甘く冷たくて何億光年も移動する彼らを力づけるのだった。一方、魚たちには細かく砕かれた、さわやかないい香りのする桃色や青や黄や紫をした蛍石をそっと浮かべて与える。ぼんやりと光るそれらが魚たちに呑みこまれると、半透明の体をした彼ら自身も幽かに光を放ちはじめるのだった。

宇宙の遊牧民に永住の地はない。それが彼らの人生であり、そこには悩みや苦しみももちろんあるが、幸せやたのしみもまた多くあるのだ。数日前にはぷりぷりした一群の真ん丸い卵から魚の子供たちが生まれたし、今日は静止して羽ばたいている蜂鳥そっくりに見える深い薔薇色の星雲に遭遇した。星の死の強烈な炎と光に浸されたこともあったし、すみわたる静寂のなかを進むこともあった。

旅をしていると発見は尽きない。しばらく同じところに留まっているときも同様である。彼や彼女たちは今日も笑い合い、時に励まし合い、もっと稀に言い争いをしながらも宇宙を渡っていくのだ。
[PR]
by ototogengo | 2012-02-25 11:36 | はなし | Comments(0)

『小人の男の子と女の子』

小人たちは一枚葉のコートをはおっている。舟に似た枯れ葉のソメイヨシノ、紅葉したぎざぎざの楓、黄色や黄緑色をして末広がるイチョウ、青青として照る唇形の椿。風の吹くなか、思い思いの葉をまとってはしゃぎ回っていたのだ。
たった一人なじめずに隅っこでたたずんでいるのは、大きな芭蕉の葉を体にぐるぐる巻きつけた男の子だった。うつむき、さみしさのあまりに口を少しとんがらせている。そこへ、赤く色づいたマルバノキの葉を着た少女がやってきた。そして、うたうようにやさしく
「どうしたの?」
と話しかけるのだった。男の子ははにかんで
「だいじょうぶだよ」
と応えるなり、ぷいとあっちを向いて駆けていく。
女の子は見えなくなるまで彼の後ろ姿を見送ったあと、列から離れて歩く一匹の蟻を見つけるのだった。玉のような目をのぞきこんでも、迷うようにあちこちへ向かう足取りを見ても、彼女には蟻の気持ちが分からない。蟻は表情も言葉ももたないのだった。
そうして一心に蟻を見つめる彼女の肩をたたく者があった。ふりかえると、そこにはさっきの内気な男の子の姿があった。彼が背中に回していた右手を前に持ってくると、そこには真っ赤な、陽をうけて光るモリイチゴの小さく丸い一粒が手の平に乗っていた。それは小さな、とは言っても彼のさらに小さな握りこぶしよりも少し大きいのだった。
「さっきはあ…ありがとう」
彼は目を下にそらしながら言った。
「いいえ」
まっすぐに見る彼女が笑顔で明るく返した。
「これ…、きみのふくににあうとおもう。だからね、おれいにあげる」
「どうもありがとう」
「ええと、きみ…きみのなまえはなんていうの?」
「わたしはまりって言うの。あなたは?」
「ぼくはね、じみっていうなまえなんだ」
二人はそれからも話しつづけた。男の子は恥ずかしかったがとてもうれしく、たのしかった。しあわせなことに、女の子もまたたのしかったのだ。
[PR]
by ototogengo | 2012-02-17 20:51 | はなし | Comments(2)

『光の果実』

張りつめた夜の空気が裂けると、その裂け目から星のように淡い青や白や赤や黄をした光の果実たちがほろほろと、ぴかぴか光りながら零れ落ちた。両手を器にすると、重さのないたくさんの果実がみるみる、みるみると空高くまで積み上がっていった。
光の果実が落ちないようこのうえなく慎重に体を運び、緊張しながらこわごわと家へ向かったので彼の歩みはとても遅かった。しかし、果実は一つ、二つ三つと転がり落ちた。そして、それらは地面に着く前に空気のなかへ消えていくのだった。
ようやく彼は自宅にほど近い曲がり角まで来たが、それでもゆうに百を超えるであろう果実が残っていた。もう大丈夫だろうと半ば安心しつつそこを曲がると、同じく両手の平の上で塔のように積まれた光の果実を運んでいる女の人がふいに現れたのだ。
「あっ」
「きゃあっ!」
ぶつかった二人はそろって声を上げたが既に遅かった。崩れ落ちた果実たちは光を弱めながら次第に輝く霧のようになり、ついには闇のなかへ吸いこまれるようにして消えてしまった。
彼の手には三つ、彼女の手には二つの果実だけが残されていた。しばらくは二人ともが呆気にとられて固まっていたが、ふと目が合うとどちらからともなく笑った。
「すみませんでした」
「こちらこそごめんなさい」
「良ければお一ついかがですか」
「いえ、これでいいんです」
と、二人は微笑みながら会話をし、
「そうですか。では、失礼します」
「はい。じゃあ」
と、それだけを言って別れたのだった。ともにゆったりと歩いて振り返ることはなかったが、二人の顔は晴れわたっていた。温かさが彼と彼女の内側から生まれており、やわらかくなった夜にぼんやりとひろがっているのだった。
[PR]
by ototogengo | 2012-02-06 11:24 | はなし | Comments(0)

『光を愛した蜘蛛』

その蜘蛛は幼い頃から光に強く魅せられていた。そして、どうしても光が欲しかったために半透明の白く美しい網を張ったのだ。朝と昼には太陽の光を、夜には月や星の光をつかまえる。そして、次は集めたそれらを使って、光の網をこしらえたのだった。

そうしてできた光の網は色をつかまえるということが分かった。雨の日の雫や雲の灰色を、晴れた空の青を、草木の緑を、虹の七色を。それらはみんなすばらしかったが、彼がもっとも落ち着くのは、夜の色をつかまえて深い藍に染まった網にゆられながら眠るときだった。そんな網に抱きとめられて安らかな眠りにゆっくりとおちながら、彼は光をもっと深く愛せるようになったことにいつも感謝するのだった。
[PR]
by ototogengo | 2012-02-04 00:38 | はなし | Comments(0)

『凍りついた空』

今朝はあまりにも寒かったので青空がまるごと凍りついていた。青色は深みを増し、その角ばって透きとおった結晶は太陽の光を乱反射させた。風と空気の冷たさに震えながらも、わたしを含めた数人が思わず足を止めて見とれていた。
凍りついた空は昼間に溶けてしまったが、深夜になれば再び固体に変わるだろう。深い深い藍色の結晶の向こうがわから、少し太くなった三日月がじわりと光りを広げるに違いない。
[PR]
by ototogengo | 2012-01-28 20:32 | はなし | Comments(0)

『布団のなかの繭』

「寒いからといって布団のなかであんまり長く縮こまっていると繭(まゆ)になりますよ」
母親が言ったので、そうしてぬくまっていた幼い娘はこわくなり、ようやく布団から抜けだした。朝のやさしい光がカーテンの間からさしこんでいて、少しまぶしかった。

さて、着がえを終えた彼女は食卓について朝食をとっていた。そこで彼女は
「おかあさん、さっきのおはなしほんとう?」
と、きいた。
「ええ、本当よ。布団のなかでじっとしているうちに体じゅうから細い細い糸がたくさんたくさん出るの。それがぐるぐるぐるぐる体をおおってね、最後には繭になって春がくるまでそこから出られなくなるみたいよ」
と、母親が答える。
なんでも、同じようにして起きるのをぐずっていた近所の男の子がそうして繭になってしまったのだという。春になってようやく繭の後ろがわが割れ、彼がそこから抜けだすと、その背なかにはふさふさとした毛でおおわれた翅(はね)が生えていたということだった。
「おかあさん、そのほかはまゆになるまえとおなじだったの?」
「ほとんど同じだったけど肌が少し青白くなっていてね、頭からはやわらかい角が二本生えていたみたいなの。櫛(くし)みたいにいくつにも分かれた、ほら、こんなふうな角だったみたいよ」
言いながら、母親は指で長い一本の曲線を空中にえがき、それに沿うようにして短い間ごとに伸びるたくさんの横線を付け足した。
「へえ、ちょっとすてきじゃない」
「いいえ、それがそうじゃないのよ。その子はもうそれまでのその子とはまるで変わっちゃったんですって」
「あれ、おかあさん。さっきはほとんどいっしょだったっていってたでしょ」
「うん、見ためはね。でも、心や行動が全部変わっちゃったんですって」
繭からすっかり抜けだしてしばらくすると、男の子のしおれていた翅はしっかりとのび、少しすきとおって青白かった顔にもほのかに赤みと黄みがさした。彼は何も言わず、ひらかれた大きな窓の前までまっすぐに歩いていった。そして、彼の母親と兄の必死の呼びかけもむなしく翅を広げてはばたき、金色や銅色の鱗粉(りんぷん)をふりまきながら飛びさってしまったのだという。男の子の心の最後のひらめきだろうか、彼は飛びたつときに二しずくの涙をこぼした。そして、それらはきらりと光りながら宙を落ちていったのだという。
[PR]
by ototogengo | 2012-01-18 00:07 | はなし | Comments(0)