中島弘貴
by ototogengo
中島弘貴
多様なものごとと関わりながら世界を広げて深める。文筆、音楽、絵、写真をやります。

2011年に解散したバンド“立体”では、うたとギターを担当。空島出版主宰。


【SNS】

twitter

facebook

mixi


【音源試聴】
soundcloud

my space


お仕事のご依頼、メッセージ等はこちらまで ↓
man_polyhedron@hotmail.co.jp
カテゴリ
全体
はなし
空島出版
出演、出展
言葉
言語
日記

写真

手紙
共作
本や音楽などの紹介
気休め
音楽集団“立体”
歌詞
未分類
記事ランキング
画像一覧


<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

12年4月19日(木)代官山・晴れたら空に豆まいて

4/19(木)代官山「晴れたら空に豆まいて」にて
http://mameromantic.com/

開場/開始:18時/18時半
予約/当日:2,000/2,500円(1ドリンク別)

出演(出演順):
①Rena②進藤匠③小貫諒④Loach⑤中島弘貴(21:10~)

昨年12月の立体解散ライブ以来のライブハウス出演です。
会場は温かみのある内装と雰囲気で、音の響きもとてもいいところです。
エレキギターで弾き語ります。
[PR]
by ototogengo | 2012-03-27 18:21 | 出演、出展 | Comments(0)

『胸のうちの結晶』

「あきらくん」
太陽の光の映える教室で先生はあきらに、春の空気のようにやわらかく語りかけた。
「はい、先生」
椅子に座り、鉛筆を持って教科書とノートを広げた机に一人きりで向かうあきらが顔を上げてはっきりと返事をした。
「どうして君はそんなに勉強ばかりしているの?」
「はい。ぼくはぼくの結晶を磨いて立派な人になりたいんです」
「勉強はたのしい?」
「いえ、あまり楽しくはないです。ただ、授業で正解をもらえたりテストで良い点数をとったりすると褒められるので、それをするのが正しいんじゃないかと思えるんです」
視線を落としてあきらが答えた。
「そうか…。それにしても、きみの結晶はきれいだね」
先生はあきらの胸のうちでてらみら光る、灰がかった煙水晶を見て言った。それは角ばった球形をして小さかった。
「ありがとうございます。自分では何も見えないんですが、そう言って頂けるとうれしいです」
「この学校のなかで誰よりもよく整ってるよ」
「そうでしょうか」
あきらは顔がほころぶのを隠しきれずに言った。その声も少し弾んだ。
「でもね、それは小さくまとまり過ぎているんじゃないかと思うんだ」
「どういうことでしょうか?」
あきらの顔にさっと陰が差した。そのとき、彼の煙水晶の輝きもまた鈍った。
「ぼくはあきらくんに、たのしくないことを一生懸命にするんじゃなくて、たのしいことを一生懸命にして欲しいと思うんだ。きみの結晶は磨き続けるあまりに成長が抑えつけられてるんじゃないかな。それに、外側は磨きあげられてぴかぴかしてるけど、内側からの輝きが少ないように見えるんだよ」
と言うと、先生の胸のうちにある透明で大きな、形の異なる氷山が上下にくっついたような深く青いサファイアの輝きがくもった。
「そうしたら、ぼくも先生のような結晶を育てることができるでしょうか?」
「ぼくの?どこがそんなに良いのか、自分ではよく分からないけどなあ」
「先生の結晶は今までに見た他の誰よりも美しいです。実は、ぼくが勉強ばかりするのは、そうすれば先生のようになれるんじゃないかと思ったからでもあるんです」
言いながらあきらの瞳はきらきらして、彼の結晶は色のない透明にさあっと変わり、輝きが強くなった。そして、四方八方から滴る六、七粒の光の雫がそれをうつのだった。
「そうかなあ。ぼくはそんなに大したもんじゃないよ」
「いいえ。今日だって先生はぼくの結晶をしっかりと見て下さいました。他の多くの大人たちは、結晶の表面がなめらかなことやきれいに磨かれていることだけを見て良しとします。そうやって褒められてうれしいこともあるけれど、寂しく思えることも時々あります」
「うん、確かにきみたち一人一人をよく見たいとは思ってるよ」
「はい、ぼくにはそんな先生が憧れなんです」
言いながら、あきらの結晶はさっきの雫を受けて少しだけ大きくなっているのだった。さらに、色とりどりの雫が結晶に滴り続けていた。
「あきらくん、どうもありがとう。先生も先生の結晶を大切にしていくから、きみも一緒にそうしていこうね」
「はい」
はっきりと返事をしながら、あきらはやわらかく笑うのだった。
「きみはすごいね。この短い時間のうちに、顔の表情も結晶もすごく良くなったよ」
「そうでしょうか。とてもうれしいです」
「うん。そのまま素直で居続けたならずっとずっと大きくなって、もっとうつくしく輝けるよ」
「はい。先生、ぼくはこれでいいんですね」
「うん、これからきみは両親や友達と同じように自分のことも大切にするといいよ」
「はい、そうします。先生、ぼくは自分で考えて自分で行動してもいいんですね」
「そうだよ。時に苦しく、難しいかも知れないけど、それはきっとすばらしいことなんだよ」
「はい。そうして自分の力で生きられたら、きっと晴れ晴れとした心でいられるだろうな。先生、人生は希望で満ち溢れていますね」
「うん、人生はすばらしいものだよ」
そう言うと、透みきった海のように、たくさんの光の縞や塊が先生の結晶から放たれるのだった。一方、虹の元素のように彩り豊かな光の雫が夥しい群れとなってあきらの小さな結晶の表面すれすれを何度も何度もゆっくりと公転し、その過程でそれらが幾つも付着して、彼の結晶は少しずつ成長をはじめていた。
「わあ。先生の結晶は本当にうつくしいですね」
「ふふ。多分あきらくんの結晶はもっとうつくしいよ。惚れ惚れするなあ。きみやみんなの表情と結晶がそうやって内側からも外側からも輝いている様子を見られるのが、ぼくには何よりもうれしいんだ」
[PR]
by ototogengo | 2012-03-27 17:52 | はなし | Comments(2)

『シダを育てる恋人たち』

彼女は体のなかの洞穴に黄緑や深緑のシダ植物たちを育てている。すくすくと、さわさわと伸び広がって埋め尽くす。そのために、彼女の姿からは穏やかでやさしい風情がしみだしている。

彼は心のなかの洞穴に紅や臙脂色のシダ植物たちを育てている。にょきにょきと、わさわさと伸び広がって埋め尽くす。それは彼の気持ちを静けさと奥深さで満たしている。

そんな二人は当然のごとく出会い、当然のごとく意気投合した。
そしてゆっくりと、しかし確実に親密になり、信頼を深めあうのだった。
ある日、ついに彼は彼女に告白をした。
「実はぼく、心のなかでシダを育ててるんだ」
すると間髪いれず、彼女は驚愕しながらも安心して言う。
「そうなの!?わたしは体のなかでシダを育てているのよ」
道理で気が合うわけだ、と二人は納得し、その絆が断たれることはさらになくなった。

やがて、彼らのシダはぼうぼうと、ぐんぐんと成長してさまざまな緑と赤の混じり合う太古の森を生んだ。大樹になったシダ植物の数々、巨大な爬虫類や虫の類、湖にはやはり大きな魚たちや無脊椎動物群の姿が見える。そうして彼と彼女は森を育み、また森に育まれていつまでもいつまでも暮らすのだった。
[PR]
by ototogengo | 2012-03-08 20:05 | はなし | Comments(0)

『灯りから生まれた踊り子』

仄暗い部屋のなかで琥珀色の間接照明を見つめていた。一度瞬きをすると、光がまっすぐ四方に放射された。二度瞬きをすると、一度目の光が消えないままで、それが二倍の八方に広がる。面白くて何度も何度も連続して瞬きをしていくうちにその軸が瞬きの回数にしたがって増えてやがて立体的になり、最後には一人の光の踊り子が現れて動きはじめた。
その姿を目で追いながら瞬きを続けると、彼女は決して広くはない部屋中を、跳躍を交えながら縦横無尽に踊り回るのだった。波にたゆたう優雅な海藻のように両腕と両手、そして指をなめらかに泳がせながら。加えて、踊る彼女の澄みきった瞳、そして微笑みをたたえた光り輝く表情もまた美しかった。
思わず見惚れ、瞬きするのを忘れて目を開いていると、彼女は少しずつ薄まっていった。気が付いた時にはもう遅かった。次の瞬間、彼女は跳びあがりながら脚を前後に大きく開いて仄かな暗闇のなかへ消え失せたのだった。
[PR]
by ototogengo | 2012-03-06 13:08 | はなし | Comments(0)